南伊豆新聞は南伊豆の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

【レポート】南伊豆くらし図鑑を開催&交流会を行いました!

【レポート】南伊豆くらし図鑑を開催&交流会を行いました!

11月23、24日、南伊豆くらし図鑑を開催&交流会を行いました!南伊豆くらし図鑑とは南伊豆で暮らす人たちの日常を体験できる「一対一の暮らし体験プログラム」です。さて、参加者の方はどんな異日常を体験したのでしょうか?
つづきを読む
「さぁ食べてください。これはみんなものだから」。お店の歴史を聞いたつもりが、商いとはなんたるかまで聞いてしまった。干物屋『旭洋丸水産』

「さぁ食べてください。これはみんなものだから」。お店の歴史を聞いたつもりが、商いとはなんたるかまで聞いてしまった。干物屋『旭洋丸水産』

旭洋丸水産は、試食のクオリティが半端じゃない!どんどん干物が網の上に置かれていく。初めてここに来た時、それが衝撃的だった。干物を焼いてくれる看板女将の幸江さんにお店の歴史を聞いた。すると・・・
つづきを読む
南伊豆くらし図鑑の裏側|川の生き物に触れる・遊ぶ!〜中野和洋さん〜

南伊豆くらし図鑑の裏側|川の生き物に触れる・遊ぶ!〜中野和洋さん〜

本企画は、南伊豆新聞が運営する『南伊豆くらし図鑑』から1つの暮らしをピックアップ。なぜその人の暮らしを紹介しようと思ったのかを、漫画で紹介していきます。今回は、中野和洋さん。川の生き物に触れる・遊ぶ、日常です。
つづきを読む
南伊豆くらし図鑑の裏側|米農家とお米をつくる・考える〜中村大軌さん〜

南伊豆くらし図鑑の裏側|米農家とお米をつくる・考える〜中村大軌さん〜

本企画は、南伊豆新聞が運営する『南伊豆くらし図鑑』から1つの暮らしをピックアップ。なぜその人の暮らしを紹介しようと思ったのかを、漫画で紹介していきます。今回は、お米農家の中村大軌さん。
つづきを読む
一対一の暮らし体験プログラム、『南伊豆くらし図鑑』がスタートします!

一対一の暮らし体験プログラム、『南伊豆くらし図鑑』がスタートします!

南伊豆くらし図鑑は、南伊豆で暮らす人たちの日常を体験できる「一対一の暮らし体験プログラム」です。今回は、こちらを体験したいという方を募集します。あなたは、誰の日常に旅をしたいですか?
つづきを読む
歴史研究者と区長がタッグ! 子浦に活気をつくりたい。11月2、3日は「子浦風待ち縁の日」

歴史研究者と区長がタッグ! 子浦に活気をつくりたい。11月2、3日は「子浦風待ち縁の日」

江戸時代、そこは「風待ち港」と呼ばれていた。風待ち港とは、風(嵐)を待つ港町のこと。そんな子浦集落が、2日間だけ空き家と民家をイベントスペースに変身させてお祭りを行う。発起人の2人に話を伺った
つづきを読む
「対価=お金」を超える場所を作りたい!10月30日(火)、giFtが『giFt感謝祭 2018』を開催

「対価=お金」を超える場所を作りたい!10月30日(火)、giFtが『giFt感謝祭 2018』を開催

南伊豆のギフト経済コミニティースペース『giFt』が『giFt感謝祭2018!』を開催。当日はgiFtのメンバーが考える、スペシャルギフトを振る舞います。giFtがどんな場所なのかも、こちらで簡単にご紹介。
つづきを読む
10月15日〜21日は、南伊豆新聞イベントウィーク!

10月15日〜21日は、南伊豆新聞イベントウィーク!

10月15日(月)〜21日(日)。「南伊豆新聞」「南伊豆くらし図鑑」、そして南伊豆の魅力を発信するべく、関東方面でイベントを実施します。どこで、何をやるのか、こちらで簡単にご紹介!
つづきを読む
【漫画!】南伊豆新聞〜移住して6ヶ月が過ぎました〜

【漫画!】南伊豆新聞〜移住して6ヶ月が過ぎました〜

今週は「漫画!南伊豆新聞」。南伊豆に移住して6ヶ月。編集者として、よそ者として、その土地で仕事をする中でどんな楽しいこと&大変なことに直面するのか、いま感じていることを描いています。
つづきを読む
10月6日(土)はスカイランタン ナイト! 〜発起人の吉澤さんに開催への思いを聞きました〜

10月6日(土)はスカイランタン ナイト! 〜発起人の吉澤さんに開催への思いを聞きました〜

今回、南伊豆町で初の試みとなるスカイランタンナイト。「南伊豆の風景とスカイランタンが重なるところを見てみたい」。そう語るのは発起人の商工会青年部部長の吉澤さん。開催への思いを伺いました
つづきを読む
町長と行く!南伊豆巡りvol.01 〜Cafe HIPS〜

町長と行く!南伊豆巡りvol.01 〜Cafe HIPS〜

「町長と行く!南伊豆巡り(ミナメグ)」が始まりました。こちらの企画は、南伊豆新聞1日アシスタントに就任した南伊豆町長の岡部克仁さんと一緒にこの町の魅力を取材をしていきます。第一回目は、Cafe HIPS(ヒップス)。店主の山田さんが作る独創的なメニュー「オムナポ」や「肉球型白玉」など、創作秘話を伺いました。
つづきを読む
伊豆を駆け回る鹿と猪に思いをはせて「いただきます!」。きくちゃん食堂

伊豆を駆け回る鹿と猪に思いをはせて「いただきます!」。きくちゃん食堂

伊豆の鹿と猪が食べられるお店、きくちゃん食堂。店主の酒井憲二さんは2013年に南伊豆へ移住された方だ。ジビエというと、ちょっと臭みがあって独特な味を持つ食材と言われている。でもきくちゃんによると、猟師が手際よくさばくと、その臭みが抑えられるそう。伊豆の山々で暮らす彼らを思い浮かべながら取材した
つづきを読む
南伊豆が映画のロケ地に! エキストラ募集のご案内(8月23日に実施)!

南伊豆が映画のロケ地に! エキストラ募集のご案内(8月23日に実施)!

南伊豆町にビッグニュース!なんと南伊豆を舞台に映画の撮影が8月上旬から9月下旬まで行われます。映画監督は『Tokyo Dreamer』、No.528『command Z』のミュージックビデオなどを手がける若手監督、柳明菜さん。公開は2019年を予定。南伊豆新聞では、映画に出演していただける「エキストラの募集」を呼びかけています。
つづきを読む
弓ヶ浜を味わおう! 海の家情報 2018【後編】休暇村南伊豆Beach shop/Hungrys弓ヶ浜店/MOKI

弓ヶ浜を味わおう! 海の家情報 2018【後編】休暇村南伊豆Beach shop/Hungrys弓ヶ浜店/MOKI

前回に引き続き、弓ヶ浜の海の家情報【後半】をお届けします!今回紹介するのは、休暇村南伊豆Beach shop、Hungry's弓ヶ浜店、MOKIの3つです。
つづきを読む
弓ヶ浜を味わおう! 海の家情報 2018【前編】garage SURUGA/白木屋

弓ヶ浜を味わおう! 海の家情報 2018【前編】garage SURUGA/白木屋

南伊豆町で最も賑わう観光地の一つと言えば「弓ヶ浜」。夏には個性豊かな海の家が立ち並び、多くの人で賑わいます。今回、南伊豆新聞では夏の季節だけオープンされる海の家を「前編/後編」に分けてご紹介。 南伊豆新聞ならではの、ちょっと個人的な視点も大事にしています。
つづきを読む
“健”と“真”。共に歩む らーめん屋、永吉丸

“健”と“真”。共に歩む らーめん屋、永吉丸

永吉丸はらーめん専門店。お店に入ると矢沢永吉の曲が出迎える。てっきり店主の方は「永ちゃんファン=コワモテ・強そうな」な方をイメージしていたら、穏やかな雰囲気の店主が「いらっしゃい」と声をかけてくれた。“永吉丸”という名前に込められたストーリーを聞かせてもらいました。
つづきを読む
「喉ごしと香りを感じて」。打ちたてお蕎麦が食べられるお店 つかさ庵

「喉ごしと香りを感じて」。打ちたてお蕎麦が食べられるお店 つかさ庵

つかさ庵は田んぼの真ん中にある。店主の石塚さんによると、そばのおいしさは次の三つと言われている。「打ちたて、ひきたて、ゆでたて。この三つを大切にしているよ」。こんな風に話されている石塚さん。実はもともと、とんかつ屋。なぜ、そば屋を始めることになったんだろう。
つづきを読む
休石のランチ営業が終了しました。30年間ありがとう!

休石のランチ営業が終了しました。30年間ありがとう!

休石は下賀茂商店街の中にある。店主の高野伊都美さんは僕とバッタリ会うと「ご飯食べてる?」と気にかけてくれるやさしい方だ。休石のランチはサラダ、揚げ物、副菜、どれも手が込んでいて、食べると元気になる。休石の30年の歩みを取材させてもらいました。
つづきを読む
ありがとう稲本さん! 7月1日、稲本精肉店が閉店しました

ありがとう稲本さん! 7月1日、稲本精肉店が閉店しました

2018年7月1日。この町で約56年、お肉を販売していた稲本精肉店(看板では「いなもと肉店」)が閉店しました。よく通っていたお肉屋さんだけに、閉店のお知らせはとても言葉にできませんでした。でも、できるだけ言葉にして、このお店と稲本さんが歩んだ時間を残したいと思いました。
つづきを読む
【漫画!南伊豆新聞】南伊豆生活3ヶ月目を終えて

【漫画!南伊豆新聞】南伊豆生活3ヶ月目を終えて

東京から南伊豆へ引っ越してきて3ヶ月。あっという間に時間が過ぎていきました。今回は南伊豆での生活を振り返る漫画を描いています。南伊豆に引っ越して感じたことや暮らしの変化を綴っています。
つづきを読む
1 / 212