南伊豆新聞は南伊豆の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

海がキレイになる地域通貨?!「ビーチマネー」の活動をイラスト動画で紹介!

海がキレイになる地域通貨?!「ビーチマネー」の活動をイラスト動画で紹介!

南伊豆の観光地の一つでもある弓ヶ浜。こちらの海がキレイな状態で維持されているのは、さまざまな人たちのおかげです。その中の一人が、エコサーファー代表/ビーチマネー事務局長の堀直也さん。今回、南伊豆新聞では堀さんが取り組む「ビーチマネー」の活動を紹介する動画を作りました。ぜひご覧ください!
つづきを読む
【メディア掲載情報】秋田のローカルメディア「なんも大学」で南伊豆新聞が紹介されました

【メディア掲載情報】秋田のローカルメディア「なんも大学」で南伊豆新聞が紹介されました

2月、「ローカル×ローカル」の取材で秋田県にかほ市を訪ねました。目的は、Webマガジン「なんも大学」編集長の藤本智士さんに会うためでした。取材の際、場の流れで「なんも大学読者交流会」に出演することに?!私の自己紹介も兼ねた動画になっています
つづきを読む
南伊豆くらし図鑑の裏側| 年間130種類の野鳥がいる南伊豆でバードウォッチング〜西山彰さん〜

南伊豆くらし図鑑の裏側| 年間130種類の野鳥がいる南伊豆でバードウォッチング〜西山彰さん〜

本企画は、南伊豆新聞が運営する『南伊豆くらし図鑑』から1つの暮らしをピックアップ。なぜその人の暮らしを紹介しようと思ったのかを、漫画で描いています。今回は、西山彰さん。耳を澄ましていると、普段は意識しなかった鳥の音が・・・。
つづきを読む
【エキストラの募集】映画「ふたつのシルエット」竹馬靖具監督にお話を伺いました!

【エキストラの募集】映画「ふたつのシルエット」竹馬靖具監督にお話を伺いました!

南伊豆がまたまた映画の舞台に!南伊豆新聞では映画『ふたつのシルエット』に出演していただけるエキストラを募集します。*エキストラが必要な場所は下田エリアです。本作の監督竹馬靖具さんに本作の制作秘話を伺いました
つづきを読む
「映画の舞台になった場所は、リアルな場所でも大事にしたい」。南伊豆がロケ地となった映画『いなくなれ、群青』公開記念。柳明菜監督にインタビュー【後編】

「映画の舞台になった場所は、リアルな場所でも大事にしたい」。南伊豆がロケ地となった映画『いなくなれ、群青』公開記念。柳明菜監督にインタビュー【後編】

南伊豆がロケ地となった映画『いなくなれ、群青』公開記念。インタビューの後半では、本作の監督、柳明菜さんの経歴や、映画を作る上で大切にしていることなどを伺った。
つづきを読む
「すべての人の中に起こりうる物語です」。南伊豆がロケ地となった映画『いなくなれ、群青』公開記念。柳明菜監督にインタビュー【前編】

「すべての人の中に起こりうる物語です」。南伊豆がロケ地となった映画『いなくなれ、群青』公開記念。柳明菜監督にインタビュー【前編】

2018年8月、南伊豆で映画『いなくなれ、群青』の撮影が行われた。原作は作家 河野裕氏の青春ミステリー小説の実写映画化。主演を務めるのは、横浜流星さんと飯豊まりえさん。本作の監督、柳明菜さんにインタビューを依頼。前編では本作の見どころ、撮影秘話について伺った
つづきを読む
【漫画!南伊豆新聞vol.5】〜新しいご縁を広げる時に大事にしたいこと〜

【漫画!南伊豆新聞vol.5】〜新しいご縁を広げる時に大事にしたいこと〜

今週の南伊豆新聞は、漫画!南伊豆新聞vol.05。前回のあらすじ。2年目を迎え、今ある人とのつながりをさらに関係を広げていくにはどうしようかなっていう話の続きです。自分なりに、こういう風にやっていこうっていう気持ちを漫画にしました。
つづきを読む
南伊豆くらし図鑑の裏側| 南伊豆で暮らす人たちと糸紡ぎ〜吉澤真樹さん・只左忍さん〜

南伊豆くらし図鑑の裏側| 南伊豆で暮らす人たちと糸紡ぎ〜吉澤真樹さん・只左忍さん〜

本企画は、南伊豆新聞が運営する『南伊豆くらし図鑑』から1つの暮らしをピックアップ。なぜその人の暮らしを紹介しようと思ったのかを、漫画で描いています。今回は、吉澤真樹さん・只左忍さん。南伊豆で暮らす人たちが集まるゆるやかな時間。そこから見えてくる景色とは?
つづきを読む
一対一の暮らし体験プログラム『南伊豆くらし図鑑』は、家族での参加も大歓迎!~なんでそう思ったのかを漫画で描いてます~

一対一の暮らし体験プログラム『南伊豆くらし図鑑』は、家族での参加も大歓迎!~なんでそう思ったのかを漫画で描いてます~

先日、南伊豆くらし図鑑にご家族での応募がありました。基本的に一対一のくらし図鑑ですが、“一(家族)対一”もすごくいいなと思いました。例えば、家族でその土地に暮らす人と魚釣りをしたり、一緒に自給自足をしたり。そこから見えてくる日常をぜひ味わってほしいと思いました。
つづきを読む
南伊豆くらし図鑑の裏側|小商いにオススメ!リアカーゴづくり〜山之内匠さん〜

南伊豆くらし図鑑の裏側|小商いにオススメ!リアカーゴづくり〜山之内匠さん〜

本企画は、南伊豆新聞が運営する『南伊豆くらし図鑑』から1つの暮らしをピックアップ。なぜその人の暮らしを紹介しようと思ったのかを、漫画で描いています。今回は、山之内匠さん。匠さんと一緒にオリジナルリヤカー屋台「リアカーゴ」を作りましょう。次の日から小さく商い、始めてみませんか?
つづきを読む
「自分で作れたら嬉しいものだと思うんです」。2月24日(日)、針も糸も使わない。蝶ネクタイづくりワークショップ

「自分で作れたら嬉しいものだと思うんです」。2月24日(日)、針も糸も使わない。蝶ネクタイづくりワークショップ

2月24日(日)、南伊豆町役場湯けむりホールで蝶ネクタイ作りのワークショップが開催されます。材料費が500 円かかるイベントです。講師の清水章弘さんに蝶ネクタイの魅力も伺いました!
つづきを読む
「地元の人とか移住者とか俺にはあんまり関係ない(笑)。横のつながりができる場所になれば」。 一度は閉園したけど、いつの間にか無料開園。「下賀茂熱帯植物園」

「地元の人とか移住者とか俺にはあんまり関係ない(笑)。横のつながりができる場所になれば」。 一度は閉園したけど、いつの間にか無料開園。「下賀茂熱帯植物園」

南伊豆町、下賀茂商店街にひときわ目をひく場所がある。それが、下賀茂熱帯植物園だ。「いらっしゃい!どうぞどうぞ〜」。丁寧ながらも陽気なノリで話しかけてくれたのは、三代続く植物園のPR担当、安藤広和さん。この植物園の歴史を伺いました。
つづきを読む
南伊豆くらし図鑑の裏側|山の木々からシャンプーづくり〜中野美代子さん〜

南伊豆くらし図鑑の裏側|山の木々からシャンプーづくり〜中野美代子さん〜

本企画は、南伊豆新聞が運営する『南伊豆くらし図鑑』から1つの暮らしをピックアップ。なぜその人の暮らしを紹介しようと思ったのかを、漫画で紹介していきます。今回は、美容師の中野美代子さん。山の木々からシャンプーをつくりましょう!
つづきを読む
歴史研究者と区長がタッグ! 子浦に活気をつくりたい。11月2、3日は「子浦風待ち縁の日」

歴史研究者と区長がタッグ! 子浦に活気をつくりたい。11月2、3日は「子浦風待ち縁の日」

江戸時代、そこは「風待ち港」と呼ばれていた。風待ち港とは、風(嵐)を待つ港町のこと。そんな子浦集落が、2日間だけ空き家と民家をイベントスペースに変身させてお祭りを行う。発起人の2人に話を伺った
つづきを読む
「対価=お金」を超える場所を作りたい!10月30日(火)、giFtが『giFt感謝祭 2018』を開催

「対価=お金」を超える場所を作りたい!10月30日(火)、giFtが『giFt感謝祭 2018』を開催

南伊豆のギフト経済コミニティースペース『giFt』が『giFt感謝祭2018!』を開催。当日はgiFtのメンバーが考える、スペシャルギフトを振る舞います。giFtがどんな場所なのかも、こちらで簡単にご紹介。
つづきを読む
【マンガ!南伊豆新聞vol.2】〜移住して6ヶ月が過ぎました〜

【マンガ!南伊豆新聞vol.2】〜移住して6ヶ月が過ぎました〜

今週は「漫画!南伊豆新聞」。南伊豆に移住して6ヶ月。編集者として、よそ者として、その土地で仕事をする中でどんな楽しいこと&大変なことに直面するのか、いま感じていることを描いています。
つづきを読む
10月6日(土)はスカイランタン ナイト! 〜発起人の吉澤さんに開催への思いを聞きました〜

10月6日(土)はスカイランタン ナイト! 〜発起人の吉澤さんに開催への思いを聞きました〜

今回、南伊豆町で初の試みとなるスカイランタンナイト。「南伊豆の風景とスカイランタンが重なるところを見てみたい」。そう語るのは発起人の商工会青年部部長の吉澤さん。開催への思いを伺いました
つづきを読む
南伊豆が映画のロケ地に! エキストラ募集のご案内(8月23日に実施)!

南伊豆が映画のロケ地に! エキストラ募集のご案内(8月23日に実施)!

南伊豆町にビッグニュース!なんと南伊豆を舞台に映画の撮影が8月上旬から9月下旬まで行われます。映画監督は『Tokyo Dreamer』、No.528『command Z』のミュージックビデオなどを手がける若手監督、柳明菜さん。公開は2019年を予定。南伊豆新聞では、映画に出演していただける「エキストラの募集」を呼びかけています。
つづきを読む
【マンガ!南伊豆新聞vol.01】南伊豆生活3ヶ月目を終えて

【マンガ!南伊豆新聞vol.01】南伊豆生活3ヶ月目を終えて

東京から南伊豆へ引っ越してきて3ヶ月。あっという間に時間が過ぎていきました。今回は南伊豆での生活を振り返る漫画を描いています。南伊豆に引っ越して感じたことや暮らしの変化を綴っています。
つづきを読む
朝から町内に本を配達!尾崎さんが選んだ本が並ぶ 尾崎書店

朝から町内に本を配達!尾崎さんが選んだ本が並ぶ 尾崎書店

「自分たちが好き勝手に本を置いているから楽しいよ」と話すのは、尾崎書店の店主、尾崎正幸さんと二代目の大輔さん。尾崎書店は約8400人が暮らす南伊豆町に一軒だけある本屋さんです。お2人のお話を伺ってみて、尾崎書店が“今この場所にある”ということが、町にとってとても価値のあることだと、僕は思いました。尾崎書店の誕生秘話を紹介します。
つづきを読む
1 / 212