南伊豆新聞は南伊豆の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

「ジャマイカで飲んだ時の海辺のカウンターが好きだったの」。 ゆったりワイワイ、ホッと一息つく場所『らいおんキッチン』

「ジャマイカで飲んだ時の海辺のカウンターが好きだったの」。 ゆったりワイワイ、ホッと一息つく場所『らいおんキッチン』

「おいしいコーヒーが飲めるところは?」。そう聞かれたら、僕は『らいおんキッチン』と答えている。2018年にオープンしたお店だ。お店を営むのはドレッドヘアの素敵な女性、しのさん。ゆったりコーヒを飲みながら、らいおんキッチンがオープンするまでのお話を伺った
つづきを読む
〜町長と行く!南伊豆巡りvol02〜「S級サザエとかハデなものはない。けれど、目に見えずらい魚の鮮度にこだわっています」。「食事処 斉」

〜町長と行く!南伊豆巡りvol02〜「S級サザエとかハデなものはない。けれど、目に見えずらい魚の鮮度にこだわっています」。「食事処 斉」

南伊豆町の魅力をもっと知りたい、深めたい。そんな動機から南伊豆新聞 編集長のイッテツが、南伊豆町長とさまざまな場所を訪ねていく企画です。第2弾は弓ヶ浜からすぐの海鮮料理のお店、食事処「斉」に向かいました。
つづきを読む
「期待を裏切れないから、それに応えたいって思うんだよね」。地元の幅広い層に愛されるイタリアン料理店「プチレストランTime」

「期待を裏切れないから、それに応えたいって思うんだよね」。地元の幅広い層に愛されるイタリアン料理店「プチレストランTime」

イタリアン料理「プチレストランTime」を切り盛りしているのは、一見ちょっとこわそうなマスターの土屋さん。でも、土屋さんが作る料理は、どこか家庭的で、とっても繊細。僕はいつの間にか、このお店のファンになっていったのでした。
つづきを読む
「蕎麦屋をつくる前に、ビールから作りました」。南伊豆町初のクラフトビールとお蕎麦が味わえる!『蕎麦切り明日葉』

「蕎麦屋をつくる前に、ビールから作りました」。南伊豆町初のクラフトビールとお蕎麦が味わえる!『蕎麦切り明日葉』

「蕎麦切り 明日葉」は、南伊豆初のクラフトビール「明日葉ビール」が飲めて、手打ち蕎麦が食べられるお店だ。お店の暖簾をくぐると、なんだか昭和レトロな懐かしい雰囲気が広がる。それもそのはず。明日葉は元旅館だったお店を改装してできたもの。お店を切り盛りする2人に話を聞いた。
つづきを読む
「さぁ食べてください。これはみんなのものだから」。お店の歴史を聞いたつもりが、商いとはなんたるかまで聞いてしまった。干物屋『旭洋丸水産』

「さぁ食べてください。これはみんなのものだから」。お店の歴史を聞いたつもりが、商いとはなんたるかまで聞いてしまった。干物屋『旭洋丸水産』

旭洋丸水産は、試食のクオリティが半端じゃない!どんどん干物が網の上に置かれていく。初めてここに来た時、それが衝撃的だった。干物を焼いてくれる看板女将の幸江さんにお店の歴史を聞いた。すると・・・
つづきを読む
町長と行く!南伊豆巡りvol.01 〜Cafe HIPS〜

町長と行く!南伊豆巡りvol.01 〜Cafe HIPS〜

「町長と行く!南伊豆巡り(ミナメグ)」が始まりました。こちらの企画は、南伊豆新聞1日アシスタントに就任した南伊豆町長の岡部克仁さんと一緒にこの町の魅力を取材をしていきます。第一回目は、Cafe HIPS(ヒップス)。店主の山田さんが作る独創的なメニュー「オムナポ」や「肉球型白玉」など、創作秘話を伺いました。
つづきを読む
伊豆を駆け回る鹿と猪に思いをはせて「いただきます!」。きくちゃん食堂

伊豆を駆け回る鹿と猪に思いをはせて「いただきます!」。きくちゃん食堂

伊豆の鹿と猪が食べられるお店、きくちゃん食堂。店主の酒井憲二さんは2013年に南伊豆へ移住された方だ。ジビエというと、ちょっと臭みがあって独特な味を持つ食材と言われている。でもきくちゃんによると、猟師が手際よくさばくと、その臭みが抑えられるそう。伊豆の山々で暮らす彼らを思い浮かべながら取材した
つづきを読む
弓ヶ浜を味わおう! 海の家情報 2018【後編】休暇村南伊豆Beach shop/Hungrys弓ヶ浜店/MOKI

弓ヶ浜を味わおう! 海の家情報 2018【後編】休暇村南伊豆Beach shop/Hungrys弓ヶ浜店/MOKI

前回に引き続き、弓ヶ浜の海の家情報【後半】をお届けします!今回紹介するのは、休暇村南伊豆Beach shop、Hungry's弓ヶ浜店、MOKIの3つです。
つづきを読む
“健”と“真”。共に歩む らーめん屋、永吉丸

“健”と“真”。共に歩む らーめん屋、永吉丸

永吉丸はらーめん専門店。お店に入ると矢沢永吉の曲が出迎える。てっきり店主の方は「永ちゃんファン=コワモテ・強そうな」な方をイメージしていたら、穏やかな雰囲気の店主が「いらっしゃい」と声をかけてくれた。“永吉丸”という名前に込められたストーリーを聞かせてもらいました。
つづきを読む
「喉ごしと香りを感じて」。打ちたてお蕎麦が食べられるお店 つかさ庵

「喉ごしと香りを感じて」。打ちたてお蕎麦が食べられるお店 つかさ庵

つかさ庵は田んぼの真ん中にある。店主の石塚さんによると、そばのおいしさは次の三つと言われている。「打ちたて、ひきたて、ゆでたて。この三つを大切にしているよ」。こんな風に話されている石塚さん。実はもともと、とんかつ屋。なぜ、そば屋を始めることになったんだろう。
つづきを読む
休石のランチ営業が終了しました。30年間ありがとう!

休石のランチ営業が終了しました。30年間ありがとう!

休石は下賀茂商店街の中にある。店主の高野伊都美さんは僕とバッタリ会うと「ご飯食べてる?」と気にかけてくれるやさしい方だ。休石のランチはサラダ、揚げ物、副菜、どれも手が込んでいて、食べると元気になる。休石の30年の歩みを取材させてもらいました。
つづきを読む
ネパール人直伝の本格カレーが食べられる。 アジア雑貨とネパールカレー ティハール

ネパール人直伝の本格カレーが食べられる。 アジア雑貨とネパールカレー ティハール

南伊豆でネパールカレーが食べられるお店「ティハール」。南伊豆に移住されて15年になるご夫婦のストーリーを紹介します。なぜ、数あるカレーの中から“ネパールカレー”を提供することになったのか。そこにはいくつもの偶然が重なり、このお店が生まれたことがわかりました。
つづきを読む
その日の寿司ネタは大将がブログで毎日更新! 前原寿司

その日の寿司ネタは大将がブログで毎日更新! 前原寿司

カウンターのあるお寿司屋さんってすこしだけ緊張しませんか?ちなみに、僕は緊張します。下賀茂商店街のメイン通りにある前原寿司に対しても、それは同じでした。でも、“取材”という名目のもと、突撃してみたんです。 結論から言えば、暖簾(のれん)を超えた先になんとも言えない世界が広がっていました。
つづきを読む
地元の人が集まる海の見えるお店。親子3人で作りあげる、そば処渚

地元の人が集まる海の見えるお店。親子3人で作りあげる、そば処渚

南伊豆町石廊崎の海沿いにそば処渚はある。平日の9割は地元のお客さん。夏場はお昼すぎになると子どもたちがソフトクリームを食べにくる。太平洋を眺めながらご飯を食べる時間が最高だ。
つづきを読む
女将のやさしさと焼き鳥が名物。 やきとり 泰平

女将のやさしさと焼き鳥が名物。 やきとり 泰平

下賀茂商店街のなかに、その焼き鳥屋はひっそりとある。“ひとけの少ない”路地を曲がり、川沿いへ向かうと見えてくるのが「やきとり屋泰平」。下賀茂商店街の風景を40年見てきた女将の渡辺範子さんを取材した。着物がビシッと決まってかっこいい女性でした。
つづきを読む