南伊豆新聞は南伊豆の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

「自分で作れたら嬉しいものだと思うんです」。2月24日(日)、針も糸も使わない。蝶ネクタイづくりワークショップ

「自分で作れたら嬉しいものだと思うんです」。2月24日(日)、針も糸も使わない。蝶ネクタイづくりワークショップ

2月24日(日)、南伊豆町役場湯けむりホールで蝶ネクタイ作りのワークショップが開催されます。材料費が500 円かかるイベントです。講師の清水章弘さんに蝶ネクタイの魅力も伺いました!
つづきを読む
【マンガ!南伊豆新聞vol.03】〜ローカルメディアの編集長になって、もうすぐ1年〜

【マンガ!南伊豆新聞vol.03】〜ローカルメディアの編集長になって、もうすぐ1年〜

編集長になって、もうすぐ1年が経ちます。少しずつ、周りからリアクションがくるようになりました。嬉しいです。ただ、それと同時に。その土地に根付き、南伊豆の魅力を編集者目線で紹介することの大変さ、バランスについて、まだまだ立ち止まることがあります。編集長の心の声を綴ったコラムです。
つづきを読む
【南伊豆くらし図鑑レポート】 一対一の暮らし体験プログラムは団体旅行でも楽しめます

【南伊豆くらし図鑑レポート】 一対一の暮らし体験プログラムは団体旅行でも楽しめます

先日、8名の団体さんが、南伊豆くらし図鑑を利用されました。初めての大人数の受け入れでしたが、参加者の方は4つの暮らしに分かれて、異日常の旅へ出かけました。その時のレポートを簡単にまとめています。
つづきを読む
南伊豆くらし図鑑の裏側|滝の上の家庭菜園と季節のジャム〜松本ちえ子さん(と恒明さん)〜

南伊豆くらし図鑑の裏側|滝の上の家庭菜園と季節のジャム〜松本ちえ子さん(と恒明さん)〜

本企画は、南伊豆新聞が運営する『南伊豆くらし図鑑』から1つの暮らしをピックアップ。なぜその人の暮らしを紹介しようと思ったのかを、漫画で描いています。今回は、松本ちえ子さん(と恒明さん)。季節の果物を収穫、ジャムにしたあとはジャムパーティー!
つづきを読む
「地元の人とか移住者とか俺にはあんまり関係ない(笑)。横のつながりができる場所になれば」。 一度は閉園したけど、いつの間にか無料開園。「下賀茂熱帯植物園」

「地元の人とか移住者とか俺にはあんまり関係ない(笑)。横のつながりができる場所になれば」。 一度は閉園したけど、いつの間にか無料開園。「下賀茂熱帯植物園」

南伊豆町、下賀茂商店街にひときわ目をひく場所がある。それが、下賀茂熱帯植物園だ。「いらっしゃい!どうぞどうぞ〜」。丁寧ながらも陽気なノリで話しかけてくれたのは、三代続く植物園のPR担当、安藤広和さん。この植物園の歴史を伺いました。
つづきを読む
南伊豆くらし図鑑の裏側|山の木々からシャンプーづくり〜中野美代子さん〜

南伊豆くらし図鑑の裏側|山の木々からシャンプーづくり〜中野美代子さん〜

本企画は、南伊豆新聞が運営する『南伊豆くらし図鑑』から1つの暮らしをピックアップ。なぜその人の暮らしを紹介しようと思ったのかを、漫画で紹介していきます。今回は、美容師の中野美代子さん。山の木々からシャンプーをつくりましょう!
つづきを読む
【レポート】南伊豆くらし図鑑を開催&交流会を行いました!

【レポート】南伊豆くらし図鑑を開催&交流会を行いました!

11月23、24日、南伊豆くらし図鑑を開催&交流会を行いました!南伊豆くらし図鑑とは南伊豆で暮らす人たちの日常を体験できる「一対一の暮らし体験プログラム」です。さて、参加者の方はどんな異日常を体験したのでしょうか?
つづきを読む
南伊豆くらし図鑑の裏側|川の生き物に触れる・遊ぶ!〜中野和洋さん〜

南伊豆くらし図鑑の裏側|川の生き物に触れる・遊ぶ!〜中野和洋さん〜

本企画は、南伊豆新聞が運営する『南伊豆くらし図鑑』から1つの暮らしをピックアップ。なぜその人の暮らしを紹介しようと思ったのかを、漫画で紹介していきます。今回は、中野和洋さん。川の生き物に触れる・遊ぶ、日常です。
つづきを読む
南伊豆くらし図鑑の裏側|米農家とお米をつくる・考える〜中村大軌さん〜

南伊豆くらし図鑑の裏側|米農家とお米をつくる・考える〜中村大軌さん〜

本企画は、南伊豆新聞が運営する『南伊豆くらし図鑑』から1つの暮らしをピックアップ。なぜその人の暮らしを紹介しようと思ったのかを、漫画で紹介していきます。今回は、お米農家の中村大軌さん。
つづきを読む
一対一の暮らし体験プログラム、『南伊豆くらし図鑑』がスタートします!

一対一の暮らし体験プログラム、『南伊豆くらし図鑑』がスタートします!

南伊豆くらし図鑑は、南伊豆で暮らす人たちの日常を体験できる「一対一の暮らし体験プログラム」です。今回は、こちらを体験したいという方を募集します。あなたは、誰の日常に旅をしたいですか?
つづきを読む
歴史研究者と区長がタッグ! 子浦に活気をつくりたい。11月2、3日は「子浦風待ち縁の日」

歴史研究者と区長がタッグ! 子浦に活気をつくりたい。11月2、3日は「子浦風待ち縁の日」

江戸時代、そこは「風待ち港」と呼ばれていた。風待ち港とは、風(嵐)を待つ港町のこと。そんな子浦集落が、2日間だけ空き家と民家をイベントスペースに変身させてお祭りを行う。発起人の2人に話を伺った
つづきを読む
「対価=お金」を超える場所を作りたい!10月30日(火)、giFtが『giFt感謝祭 2018』を開催

「対価=お金」を超える場所を作りたい!10月30日(火)、giFtが『giFt感謝祭 2018』を開催

南伊豆のギフト経済コミニティースペース『giFt』が『giFt感謝祭2018!』を開催。当日はgiFtのメンバーが考える、スペシャルギフトを振る舞います。giFtがどんな場所なのかも、こちらで簡単にご紹介。
つづきを読む
【マンガ!南伊豆新聞vol.2】〜移住して6ヶ月が過ぎました〜

【マンガ!南伊豆新聞vol.2】〜移住して6ヶ月が過ぎました〜

今週は「漫画!南伊豆新聞」。南伊豆に移住して6ヶ月。編集者として、よそ者として、その土地で仕事をする中でどんな楽しいこと&大変なことに直面するのか、いま感じていることを描いています。
つづきを読む
10月6日(土)はスカイランタン ナイト! 〜発起人の吉澤さんに開催への思いを聞きました〜

10月6日(土)はスカイランタン ナイト! 〜発起人の吉澤さんに開催への思いを聞きました〜

今回、南伊豆町で初の試みとなるスカイランタンナイト。「南伊豆の風景とスカイランタンが重なるところを見てみたい」。そう語るのは発起人の商工会青年部部長の吉澤さん。開催への思いを伺いました
つづきを読む
南伊豆が映画のロケ地に! エキストラ募集のご案内(8月23日に実施)!

南伊豆が映画のロケ地に! エキストラ募集のご案内(8月23日に実施)!

南伊豆町にビッグニュース!なんと南伊豆を舞台に映画の撮影が8月上旬から9月下旬まで行われます。映画監督は『Tokyo Dreamer』、No.528『command Z』のミュージックビデオなどを手がける若手監督、柳明菜さん。公開は2019年を予定。南伊豆新聞では、映画に出演していただける「エキストラの募集」を呼びかけています。
つづきを読む
弓ヶ浜を味わおう! 海の家情報 2018【後編】休暇村南伊豆Beach shop/Hungrys弓ヶ浜店/MOKI

弓ヶ浜を味わおう! 海の家情報 2018【後編】休暇村南伊豆Beach shop/Hungrys弓ヶ浜店/MOKI

前回に引き続き、弓ヶ浜の海の家情報【後半】をお届けします!今回紹介するのは、休暇村南伊豆Beach shop、Hungry's弓ヶ浜店、MOKIの3つです。
つづきを読む
弓ヶ浜を味わおう! 海の家情報 2018【前編】garage SURUGA/白木屋

弓ヶ浜を味わおう! 海の家情報 2018【前編】garage SURUGA/白木屋

南伊豆町で最も賑わう観光地の一つと言えば「弓ヶ浜」。夏には個性豊かな海の家が立ち並び、多くの人で賑わいます。今回、南伊豆新聞では夏の季節だけオープンされる海の家を「前編/後編」に分けてご紹介。 南伊豆新聞ならではの、ちょっと個人的な視点も大事にしています。
つづきを読む
休石のランチ営業が終了しました。30年間ありがとう!

休石のランチ営業が終了しました。30年間ありがとう!

休石は下賀茂商店街の中にある。店主の高野伊都美さんは僕とバッタリ会うと「ご飯食べてる?」と気にかけてくれるやさしい方だ。休石のランチはサラダ、揚げ物、副菜、どれも手が込んでいて、食べると元気になる。休石の30年の歩みを取材させてもらいました。
つづきを読む
ありがとう稲本さん! 7月1日、稲本精肉店が閉店しました

ありがとう稲本さん! 7月1日、稲本精肉店が閉店しました

2018年7月1日。この町で約56年、お肉を販売していた稲本精肉店(看板では「いなもと肉店」)が閉店しました。よく通っていたお肉屋さんだけに、閉店のお知らせはとても言葉にできませんでした。でも、できるだけ言葉にして、このお店と稲本さんが歩んだ時間を残したいと思いました。
つづきを読む
【マンガ!南伊豆新聞vol.01】南伊豆生活3ヶ月目を終えて

【マンガ!南伊豆新聞vol.01】南伊豆生活3ヶ月目を終えて

東京から南伊豆へ引っ越してきて3ヶ月。あっという間に時間が過ぎていきました。今回は南伊豆での生活を振り返る漫画を描いています。南伊豆に引っ越して感じたことや暮らしの変化を綴っています。
つづきを読む
2 / 3123

南伊豆マップ

南伊豆新聞で特集された情報を紹介しています。